歯医者の詰め物の種類

歯医者で使われる詰め物には、金属のものと、レジンやセラミックの物があります。代表的なものとしてはメタルインレーという金属製の詰め物です。長期的にみると劣化しやすいうえ、金属色のため、目立ちます。ただし、力がかかる部分にも使えて、保険適用によって安くすむというメリットがあります。金属以外の歯医者で入れてもらえる詰め物としては、コンポジットレジンやセラミックといったものが使われます。歯に近い色や性質を持っているので審美性にも優れておりますが保険適用とならないため高くついてしまいます。

良い歯医者の基準とは

歯医者に一番最初に行くときは、慎重に選ぶようにしましょう。自分の大事な体を預ける訳ですから当然のことながら信頼の出来る人に治療を任せたいと思われるでしょう。特に歯は支障が出ると生活に不便を感じます。良い歯医者の基準でよく言われることに、治療の期間が短いことがあります。本当は治療が終わっているにも関わらず、新規の患者が来ないことからいつまでもずるずると既存の患者さんの治療を引き延ばしているような医師は避けましょう。

↑PAGE TOP

Menu