• トップ /
  • 歯科で黄ばみをキレイにする

見た目の審美性を確かなものに

歯科で黄ばみをキレイにする

歯科で改善できる黄ばみ

歯科は黄ばみを解消して、見た目の印象を変えることができます。口元という部位は会話をするときに、最初に目に入ってくると言われています。口元を整えるためには歯並びを治すことも効果的ですが、ステインによる汚れは歯科で黄ばみ対策をして解消したいものです。歯が黄色いと不潔というレッテルを貼られかねないので、白くして見た目を改善していきましょう。整った口元や真っ白い歯は知性を表すため、歯磨きで除去できない色素は歯科で除去していく必要があります。ステインによる黄ばみはブラッシングで落とすのは大変ですし、無理に磨くと歯を傷つけてしまいます。エナメル質が削れるとさらに黄色い見た目になってしまうので注意してください。象牙質が露出すると黄色く見えてしまうので、研磨剤が大量に含まれた歯磨き粉は避けるべきでしょう。歯科で黄ばみ除去をするときは、ステインに加えて歯垢や歯石もキレイにしてくれます。歯がスッキリとしてツルツルになり、見違えるほど見た目が解消することでしょう。コーヒーやカレーライスなどは歯の着色汚れの原因となりやすいので、食後はうがいをしてからブラッシングをするのがおすすめです。歯磨き後はマウスウォッシュを使用すると、より強力にステインを防ぐことができます。

↑PAGE TOP

Menu