• トップ /
  • 歯科医院で黄ばみを取る

ホワイトニングにかかる費用

歯科医院で黄ばみを取る

歯科でお口の中をきれいに

歯科医院には、痛みなどの困った症状を持つ患者さんが多く受診します。噛めないという問題だけでなく、歯が黄ばみを持っているという見た目の問題で受診する患者さんもいます。日本人の歯は、元々真っ白ではなく、少し黄色が入った白をしています。エナメル質と呼ばれる部分は無色透明ですが、中の象牙質は年齢とともに黄ばみが強くなっていて、歯の色も黄ばんだように見えてしまいます。歯科医院では、黄ばみに対する治療としてホワイトニングを行っています。歯科医師などのスタッフが行うのは、オフィスホワイトニングと呼ばれるもので、専用の機器を使って行い、費用は1回につき5000~50000円ほどかかります。その他にも、マウスピースを作成して自宅で行うホームホワイトニングという方法もあり、費用は3000~40000円ほど必要です。保険が適応されないので、費用は高額になりがちですが、その分効果は高く、黄ばんだ歯をきれいな白にすることができます。専用の薬剤を使うことで、歯の内部の象牙質の黄ばみを取り除き、きれいな状態にします。歯が白くなることで、健康で美しい口元にするほか、アンチエイジングの効果もあり、若々しい見た目になります。

↑PAGE TOP

Menu