• トップ /
  • 歯科ホワイトニングで黄ばみ除去

ステイン除去で人気の綺麗な歯へ

歯科ホワイトニングで黄ばみ除去

歯を白くする歯科ホワイトニング

口元からのぞく綺麗な白い歯はだれでも憧れです。しかし、日本人はもともと歯のエナメル質が薄い傾向があり、象牙質の色が透過してみえやすいため、歯の黄ばみで悩んでいる人は少なくありません。近年、歯を白くしたいと思う人が増えてきており、審美歯科では歯を白くするホワイトニングがじょじょに広まっています。ホワイトニングは黄ばみのある歯を、削ったり抜いたりすることなく白くすることができる施術法です。審美歯科では過酸化水素という歯を漂白する成分のはいったジェル状の薬剤を使用します。過酸化水素はオキシドールなどの消毒剤にも入っている成分で、漂白の効果があります。オキシドールに入っている過酸化水素濃度は約3%程度と微量ですが、ホワイトニングに使用する薬剤は25%~40%と、もっと濃度の高いものを使用します。施術を受ける人の希望に合わせて濃度を決めます。施術法は、ホワイトニング剤を歯の表面に塗って、特殊な光を当てて白くしていくという方法です。透明感のある自然な感じでじょじょに白くなっていくので、周りに気づかれにくいということもメリットです。歯の黄ばみに悩んでいるという人は、審美歯科でホワイトニングを考えてみてもいいでしょう。

↑PAGE TOP

Menu